DIARY

記事一覧

サンセバスチャンデロスレイェス

アップロードファイル 205-1.jpg

早口言葉みたいな名前の街の劇場で演奏会がありました。
マドリッドも東京のように多極分散型都市で、これが同じ街なのかと思うほど、場所によって雰囲気も住む人も全然違います。
今回のコンサートがあった「サンセバスチャンデロスレイェス」はマドリッドの東側にあるベッドタウンと下町を合わせたような街で、安くて美味しく食べられる穴場のバルが一杯ある所です。

演奏会には沢山の人が来てくれて、下町ならではの気さくで人懐っこい雰囲気の楽しいひとときとなりました。

演奏終了後、CDのサイン会をしていたらキューバで出逢って以来17年ぶりの友達トリニーも来てくれました。

トリニーとキューバ話で久しぶりに盛り上がって笑いが止まりませんでした。
キューバで最も感動する美味しさの食べ物の一つがアボカドで、ハバナで演奏会をしたときに「こんな美味しいアボカドは食べたことがないです!」とトークで話したら、翌日ハバナのホテルのレセプションにアボカド話を聞いたお客さんが何人も何十個というアボカドを届けてくれた事を思い出します。

ああ、やっぱりまたキューバに行きたいです・・。

写真は舞台準備中のサンセバスチャンデロスレイェスの会場です。

  • 2012年02月16日(木)22時52分
powered by Web Diary