DIARY

記事一覧

気温48度でお引っ越し。

アップロードファイル 179-1.jpg

今月、マドリッドに引っ越すことになりました。

よりにもよって人も鳥も寄りつかない灼熱の8月のコルドバで引越をする事になり、ブログも更新できないありさまです(と、引越のせいにするのだった)。

ただ今午後4時過ぎで気温は48度。外は深夜以上に静かで、道には車は一台も走っておらず、人っ子一人いません。
お金のあるコルドバ人はマラガなどの海や涼しい外国へバカンスに出かけ、不景気に直撃されている貧しい人々はガスパッチョを一杯飲んで窓をしめて昼寝をしている時間です。
そしてその静まりかえった白昼の街で私はせっせと荷造りに励むのでした・・・。

この気温で引越をするにあたって、「長所」を探してみることにしました。
家ごと水洗いして、壁から窓から水ブチマケ掃除をしてビショヌレ状態でも窓を開けて1時間もするとカラカラに乾燥してキレイになります。
お布団もソファーも丸ごと水洗いして、テラスに置いておくとバリバリに乾きます。
愛犬ワサもシャンプーして放っておくと10分で乾燥犬になります。

ひたすら乾くというのは、掃除にはなかなか悪くないものです。

  • 2011年08月09日(火)23時06分
powered by Web Diary